東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式の会場選びのコツ

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/09

近頃の東京では、和風の雰囲気を重要視した結婚式に対して人気が集まっていて、神社結婚式を執り行う方が多くなってきています。

しかし単に神社結婚式とは言っても、東京には会場がたくさんあり選び方にはコツが必要になります。

どんな人が参加できるのかをチェック

神前結婚式は本来、親族杯の儀が執り行われることで分かるようにお互いの家族を結びつける意味があります。ですので原則として、神前結婚式に参加することが可能なのは新郎と新婦の親族だけという場合がほとんどでした。

最近では友だちなどが参列することも出来る神社も多くなってきていますが神社は一般的に境内が、あまり広い訳ではないため参加する人が限定されることが少なくなく神社によって親族以外の人たちが参加可能なのかや、神社結婚式の様子を境内から見ることが可能なのかといった差は大きいです。

原則として神社結婚式に参加する人は親族だけという前提があったこともあって親族だけ参加するのであれば入れる人数がオーバーすることは、ほとんどありません。しかし親族の人数が多かったり、親族以外に参加する人がいるときには神社の神殿に入ることが出来る人数を前もってチェックしておくのが東京の神社結婚式の会場選びのコツです。

規模が大きな神社でも親族しか参加できない決まりになっている場合もあるため、入れる人数が充分にあるからといって友だちも参加出来ると解釈すると失敗してしまいます。

食事会や披露宴の会場への移動方法を確認しておく

神社で神前結婚式を執り行ってから、食事会や披露宴を開くという新郎新婦も少なくありません。東京で神前結婚式を執り行ってから食事会や披露宴を行うことを検討しているときには、食事会や披露宴の会場は神社の境内や神社が運営する近くの会館などで開催するケースと居酒屋やホテル、レストランやバルなど神社とは全く関係がない場所で開催するケースがあります。

神社の境内や近くの会館で行えば、場所替えをする労力を抑えることが可能です。披露宴から列席する人たちに挙式直後の姿を見てもらうことが出来たり、神社の敷地の中で写真を一緒に撮ることが出来ることもあるメリットを得られます。

神社とは関係がない場所で開催する場合は、場所替えをするのが多少大変になりますが大幅に雰囲気をチェンジすることが可能だというメリットを得られるのです。神社によっては、結婚式しか行うことが出来ない場合もあるため前もって充分に確認しておくことが東京の神前結婚式の会場選びのコツになります。

全体的にかかる費用を把握することが大切

神社結婚式のことを良く知らない方にとっては、料金が高くなることが心配になる人が少なくありません。ところが神社結婚式は洋風の結婚式場で執り行う結婚式よりも安く抑えて行うことが可能な場合が多いです。しかし、神社によって費用の差が非常に大きいため十分に比べてみて検討する必要があります。

神社の境内では参列者が写真を撮ることが出来ないようになっている場合が多いので、神社の関係者に依頼することになる訳です。そういった費用を含めて全体的な費用がいくらぐらいになるのかを前もって知っておくのが、東京の神社結婚式の会場選びのコツになります。

神社結婚式は格調が高い結婚式を挙げることが可能ですが、その分だけ決まりごともたくさん定められている場合が多いため、自分たちが希望する結婚式を執り行うことが可能なのかということを充分にチェックしておくことが必要です。見学に出向くことによって、雰囲気を実際に知ることが可能なため気に入った神社を見つけたときは見学に出かけて様子をチェックしておく必要があります。

 

東京で神社結婚式の会場選びのコツは、まず友だちなど親族ではない人に参加してもらいたい場合は参加が可能かを前もって確認しておくことです。他に食事会や披露宴を行う場所をどこにするのかを決めておく必要がありますし、全体的な費用を把握することも必要になります。

サイト内検索
記事一覧