東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式の衣装の種類は?

日本の伝統的な神社結婚式を希望するカップルが増えていますが、両親や祖父母の世代にもなじみが深いので感激してもらえます。神社での挙式を考えている人は、着用する衣裳の種類を知っておきたいところです。

男性の場合は紋の付いた羽織袴、女性の場合は白無垢や色打掛が人気があります。裾をひきずるデザインになっている黒引き振袖なども、伝統的な日本の花嫁衣裳になっています。

 

白無垢は挙式を神聖な雰囲気にする効果があります

雅楽や太鼓の音色の中での厳かな雰囲気の神前挙式に憧れている人が増えています。東京には伝統的な神社が多いですし、人気の結婚式場でも神殿が利用できるので、雨天の時も挙式を行うことが出来ます。

若い年代の人はどんな衣装の種類があるのか知らない人も多いです。白無垢は花嫁衣裳の中でも格が高いのが特徴になっており、女性の清純さを引き立たせたり、挙式を神聖な雰囲気にする効果があるので着用をしている人が多い傾向があります。白無垢は一見すると同じように見えると感じている人が多いですが、素材や柄、裏地の色も違っているので時間を掛けて選ぶことが大事です。色打掛は豪華な雰囲気の吉祥柄が描かれており、華やかで艶やかな印象なので神前挙式で着用する人も多いです。豊富な柄や素材、デザインが揃っているので、自分の顔立ちや雰囲気に合った衣裳を選びましょう。

色打掛は豪華で艶やかな印象が魅力です

神社結婚式では、男性の場合は伝統的な紋が付いた羽織袴を着用することが多いです。男性を凛々しくかっこよく見せてくれる効果があるので、若い20代の男性はもちろん、40代以降の男性にもよく似合います。東京の結婚式場では豊富なサイズが揃っているので、背の低い人から大柄な人まで安心して着用ができます。

女性の場合は白無垢を着用する人が多いですが、挙式の時は白無垢を選んで披露宴の時は色打掛を着用することも出来ます。色打掛は高品質な素材を使用しており、豊富な柄やデザインの商品が揃っているので、気に入った商品を見つけやすいです。東京の結婚式場では豊富なサイズや柄の着物が揃っており、適正な料金でレンタルが出来るので安心して利用できます。雨天の時もきちんと対応をしてくれるので、感動的な挙式をすることが出来ます。

黒の引き振袖は伝統的な結婚式の衣裳です

神前挙式では白無垢や色打掛などは根強い人気がありますが、黒の引き振袖も伝統的な結婚式の衣装になっています。引き振袖は裾をひきずるデザインが特徴になっており、黒地なので柄や素材の美しさを引き立たせる効果があります。東京で人気の高い結婚式場では、引き振袖も取り扱っており多くの人がレンタルをしているので、安心して利用できます。

結婚式は一生に一回の大切なセレモニーなので、日本の伝統的な和服の衣裳を着用して、厳かな雰囲気の中で永遠の愛を誓いたい人が増えています。新郎新婦が大中小の盃で三々九度の儀式を行ったり、親族でお神酒をくみかわすことで両家の絆を深めることができます。両親や祖父母の世代にも伝統的な神前挙式はなじみが深いので、大変感激してくれます。衣装には様々な種類があるので時間を掛けて検討すると良いでしょう。

神社での挙式で着用する衣裳の種類を知らないという人が多いですが、男性の場合は羽織袴、女性の場合は白無垢や色打掛、黒引き振袖などを着用することが多いです。一見するとどの着物も同じように見えますが、素材や柄、裏地の色などは違いがあるので、じっくりと比較してから選ぶと良いでしょう。