東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式にかかる所要時間はどのくらい?

和装が似合わないなど、既成概念で敬遠され気味だった神前式ですが、 実際のところ素敵な和装も非常に多く、 会場によりましては知人が列席できることもあります。

ですから、 最近では古い伝統スタイルがかえって新鮮と神社結婚式を挙げるカップルが増加しています。

そして、実際に実行するには、所要時間の把握も大事になってきます。

 

神社での結婚式の基本的な必要時間

通常の場合、神社を踏まえての結婚式にあたっては、あらかじめ衣装に衣装を替えてから向かうことになります。

オーソドックスなチャペルを踏まえての結婚式とは異なった形になります。

ですので、どのくらいかかるかとなりますと30分くらいで終わるといえます。

しかしながら、結婚式を実施する時のやり方に関しては、チャペルでウエディングドレスを着用してから取り組む場合と、和装を着用してから実施する場合では異なると考えられますが、式の長さとしましてはそれほど変わりません。

ウエディングドレスのケースでは、エスコートに関しては花嫁の父が実施しますが、神社を踏まえての結婚式のケースでは、巫女さんがリードしてくれますので、全部巫女さんを信頼して指示に従えばいいだけです。

挙式そのものは概ね30分くらいの短いものですが、挙式に至るまでの事前準備があります。

そして衣装、あるいは髪型の重さで疲労しやすくなりますので、前の日はきちんと休みを取って万全の状態で臨むことが重要です。

 

結婚式の前の事前準備のための時間が必要です

神前式のケースでは、固有の結婚式で、伝統に軸足をおく式となります。

過去のしきたりに適した結婚式を実施しますので、和装を着用したい気持ちはあるが、違和感があるのでやる気にならない、あるいは親族のみしか列席してもらえないといったこともあります。

ですので、その気にならないのでウエディングドレスを踏まえての結婚式を選択しがちになります。

しかしながら、近頃では神前においての結婚式が人気を博しています。

挙式そのものは、30分くらいですが、事前準備にはウエディングドレスのケースより長くなります。

挙式が始まる相当前から新婦は支度を行う必要があります。

そして、式前に新郎は結婚式の支度をスタートします。

こうしたことを考慮に入れると、トータル的にみてウエディングドレスの支度を行なう場合とさほど変わりがないといえます。

 

日本独自の形式のため新婦に負担が掛かります

新郎に関しては、タキシードも和装のケースも大差ないと考えられます。

神社の挙式にあたっては、伝統とカルチャーが感じられます。

ですので、ウエディングドレスを踏まえての結婚式よりも重みがもたらされ、日本人ならではの結婚式が挙げられます。

ウエディングドレスに因るチャペルを踏まえての結婚式と、和装による神社を踏まえての結婚式を実施する場合でも、挙式にかかる時間はあまり変わりませんが、和装にあたっては、かつらの重さが相当あり、首に痛みが発生するほど重いといえます。

衣装に関してもウエディングドレスと比較してかなり重いので、10分であっても相当苦痛を感じます。

新郎は、どちらでも大差ないのですが、新婦はかつら及び和装の双方の重さが負担となって、やはり長い時間着用するのには、負担が生じます。

時間は短いですが、行なうべき儀式はいろいろあります。

チャペルと比較して、神社を踏まえての結婚式は行なうべきことがたくさんあり戸惑うこともあります。

そうは言っても、和装の式には神聖さがありますので、人気になっています。

 

神前式の結婚式の所要時間に関しては、おおよそ30分くらいが主流になっています。

ただし、新婦の着付けのための準備などは、式の前からスタートします。

ですので、事前準備が求められるため、キリスト教式、あるいは人前式と差がありません。