東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式はスーツで参加しても大丈夫?

近年では日本らしさに溢れる神社での結婚式の人気が高まっています。
格調が高く厳かな雰囲気など、チャペルでのウェディングとは異なる点がかなり多くなっていることは確かであり、ゲストとして参列する立場となった際には、頭を悩ませることも多いのではないでしょうか。

身だしなみや振る舞いを始めとし、神社結婚式には様々なマナーがあります。
チャペルでの結婚式に参列することに離れているという人でも、チャペルでの結婚式に参列する時とは異なる点も多いので、十分気をつけておかなくてはなりません。
特に服装といった身だしなみには十分気をつけるようにしましょう。

 

スーツを着用して参列しても問題はない

神社での結婚式ということもあり、雰囲気も当然和風ということから、身だしなみでは悩むことになるのではないでしょうか。
新郎新婦は和装をすることが一般的ですが、ゲストの立場となれば悩むことになります。
和装は持っていない人が多いので悩むことになりますが、雰囲気を大切にするならばやはり和装をしていく方が良いと言えます。しかし、だからと言って洋装ではマナー違反となるわけではありません。

スーツで参列しても良いということは確かです。
男性の場合には正装か準礼装で、両家父親よりも控えめにしておきましょう。
基本的には黒のスーツに、白やグレーのネクタイをしたり、白と銀や、白と黒のストライプのネクタイなどの準礼装を選んでおけばマナー違反にはなりません。

洋装の場合にはフォーマル感を大切にして選んでおけば、マナー違反になってしまうことはありません。
女性の場合には、パンツスタイルでも良いのかと考える人もいますが、女性はワンピースタイプのドレスか和装を選んでおくことが無難と言えます。
パンツスタイルでは、どうしてもカジュアル感が強くなってしまうので気をつけましょう。

足元にも気をつけるようにしておく

神前式の場合には靴を脱ぐ可能性が高くなっており、特に神社での結婚式となれば神殿に靴を脱いであがります。
神殿内は素足は厳禁となっているので、女性は必ずストッキングを履いておくようにし、男性も必ず靴下を履いておきましょう。

男性は靴下のデザインや色にも気をつけておき、厳かな雰囲気を壊さないように注意しておくべきです。
新郎新婦の母親や親族の多くは留袖という第一礼装の着物を着用しているので、友人という立場で参列する場合であってもカジュアルスタイルはマナー違反ということは頭に置いておくようにしましょう。

スーツはチャペルの挙式と同じで問題はない

チャペルでの挙式が主流となっていることから、神社での式となれば身だしなみで頭を悩ませてしまいがちです。
しかし挙式場所がチャペルではなく神社に変わったというだけであり、参列するゲストの服装も変わってしまうというわけではありません。

婚礼で挙式場所や挙式形式の違いから、ゲストの服装を変えなければならないということはないので、それほど気負う必要はありません。
男性の場合にはチャペルの挙式に参列しているのと同じように、スーツを着用して行っても問題はなく、マナー違反にもなりません。

 

神社での結婚式にゲストとして参列したことはないという人が多い今の時代では、身だしなみで悩んでしまうのは当然のことと言えます。
少人数の参列が当たり前であり、友人は参列が不可となっている神社も以前は多く見られましたが近年では友人も参列することができる神社はかなり多くなりました。

しかし、格調が高いことは確かであり、立ち振る舞いや身だしなみのマナーに気をつけておかないと式を台無しにしてしまいかねないので注意しておくようにしましょう。
デザインやカラーに気をつけるようにしておけば、チャペルの挙式に参列するのと同じ洋装で参列してもマナー違反にはなりません。