東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式の相場はどれくらい?

神社結婚式の相場はどれくらい?

結婚式をするうえで気になるのは費用ではないでしょうか?式場を見学しに行くと、あれもしたい!

これもしたいとなってしまい、気が付けば見積もりだけでものすごい金額になってしまったという事もあるでしょう。

結婚式はお金がかかるのは当たり前、だけどお金をかけずに節約できるところはしたいと考えているカップルも多いのは事実です。

そこで、神社の結婚式はいったいどれくらいかかるのかでしょうか?

 

神社の結婚式の相場について

○神社を会場とした場合の相場

挙式と披露宴で平均160万円から220万円のみつもりになります。
この金額は出席者30名から70名参加の見積もりです。
親族が多い方はこの金額よりも高くなると覚えておきましょう。
この金額の差は、会場の規模や行う儀式の内容によっても金額が変わってきます。
オプションになっているのが、花嫁行列の際に演奏される雅楽や巫女の舞です。

ほとんどの会場では、和洋や洋装どちらも楽しめるプランが用意されており、挙式は和装で行って披露宴は洋装を選ぶカップルが増えています。

和装や洋装でそれぞれ30万円から40万円が相場になります。
神社挙式では近しい親族のみが行う少人数プランというものがあり、10名以下であれば神社挙式と会食がついて50万円に費用を抑えることが出来ます。
新郎新婦2人で挙式と会食を行えるプランもあります。

 

○神社挙式にかかる料金の内訳

挙式代に衣装代、婚礼料理代に装飾代や撮影に演出代などが主な項目です。
挙式と披露宴だけではなく、招待状を送る際に必要なペーパーアイテムに切手などの料金が含まれます。

◆神社挙式では会場の規模によって金額に差が出てしまいます。
挙式の費用が30万円から100万円が基本になります。
神社挙式では、披露宴会場の使用代が0円で設定されるケースが多いので、ここで節約をできる場合があります。

衣装やブーケに披露宴会場の衣装が持ち込み不要な神社も増え、そういった会場を選ぶと装飾代や衣装代を節約することが出来ます。

ハンドメイドが好きでブーケは自分で作りたいという人はブーケを手作りしてはいかがでしょうか?

◆また、神社挙式の撮影は、専門の人に依頼をすれば10万円かかります。
写真や動画撮影をゲストに依頼をすれば、撮影代をセーブすることもできます。

 

○神社挙式を節約するコツはあるのでしょうか?

節約をするコツとしては、

自分たちがしたい儀式のみを行いオプションはあまりつけないこと

挙式や披露宴の人数を確定させること

装花やペーパーアイテムは工夫すること の3つです。

神社挙式では入場時の花嫁行列をはじめ、様々な儀式が行われます。
本殿に入場後、一般的に行われる儀式は神主が行います。
修祓の儀や祝詞奏上の儀など様々な儀式を行います。
これらの儀に加えて雅楽の演奏の元行われる花嫁行列や巫女舞に親族盃の儀など様々なオプションがついてきます。

節約する場合、これらのオプションの中で必要がないものは避けるようにしましょう。
最近では、神社で儀式をしたあと、バスや徒歩で移動して料亭やレストランで会食をする場合があります。
平均的な相場は3,000円から5,000円ですが、例えば挙式は抑えて会食は豪華にしたいという場合、1万円でレストランで本格的な料理を楽しめます。

 

要らないものを削っていけば節約につながります

結婚式となると、ついつい舞い上がって要らないオプションまでつけてしまい、請求額が高額になってしまったというケースもあります。

ですが、オプションも必要なものかそうでないものかしっかりと見極めることで費用をぐっと抑えることが出来ます。
また、食事も別会場にすれば会食費用も抑えることが出来るので、工夫次第で費用を抑えつつも思い出に残る結婚式を作ることはできます。