東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式は雨の場合どうする?

神社結婚式自体については素晴らしいものであるにもかかわらず、雨が降り落ちたらどんなふうに対応する必要があるのか不安という人もいるでしょう。

降雨の結婚式も、それはそれとして魅力的なものといえ、実際に行われる神前式でも充分に対応することができます。

 

参進の儀は和傘を差し対応できます

参進の儀とは、神前式の入場に相当する儀式に含まれるもので、言い換えれば花嫁行列のことを指します。

神職、あるいは巫女を先頭にして、新郎新婦そして、ファミリーが列となって、神殿に至るまで歩きます。

列には雅楽についても参加し、厳かなムードの中境内を歩く、神前式のみでしか経験の出来ない儀式になります。

そして雨が降っても参進については中止になりませんが、不便にはなりますので注意が必要となります。

具体的には親族が傘を持つ必要があったり、移動しづらくなってしまいます。

また、参進の時間が非常に長い神社もあり、足元が良くない中移動しなければならないケースもあります。

魅力がたくさんある参進の儀ですが、降雨の場合であっても、赤、あるいは白の和傘を差し、参進の儀を実施することが出来ます。

ルートにつきましてはいくらか短くなるかもしれませんが、神殿に至るまで列をなし歩くことに違いはありません。

こうした気象状況の中、実行される参進の儀にあっても、風情があって素晴らしいものと言えます。

 

気象状況を逆手にとって魅力ある撮影ができます

気象状況が良くない場合、写真撮影が可能なところが制限されてしまうのがとても残念なところといえます。

鳥居前等の撮影に関しては、気象状況の悪さにも影響されますが、困難になってしまいます。

しかしながら、これについては、神前式ではない挙式方法でも違いはありません。

一方和傘、あるいは木々から雫が落ちる様は、風情もしくは美しさがあると言えるでしょう。

そして、カメラマンに関しても、数多くの挙式を撮っていますから、気象状況を逆手にとってどれほど惹きつけられる写真が撮れるかをよく分かっているはずです。

専門家の腕を信じて、撮影にチャレンジすれば、素晴らしい写真を入手することができるでしょう。

 

しっかり措置すれば対処できます

会場に関しては空調が効果を発揮しているところが一般的ですが、降雨の日はやはり気温が低下してしまい、肌寒いといえます。

ジューンブライドという形で式を挙げたら、気象状況が良くなくて体を冷やしたといった話もよく耳に入ります。

そのようなときに推奨したいのが和装といえます。

式で着ることができる白無垢や色打掛については、着物上に打ち掛けを着用しているので非常に暖かいといえます。

当日、用意できることは制限されてしまうかもしれませんが、式場の人と打ち合わせをし、タオル、あるいはドライヤーを準備したり、或いはタクシーチケットを配布するなど、できる範囲でゲストに対しての配慮も忘れないようにすることが重要になります。

ゲストに対しても足元の悪い中と一言加えることを心掛けることが、大事になってきます。

 

端麗な和装、落ち着きを持ったムードの神社挙式は、日本人にとって憧れといえます。

しかしながら、神社での挙式を希望している方の数多くが気に掛けられるのが気象状況のことです。

神社は屋外なので、気象状況との関連性を危惧する人は少なくありません。

おおかたの神社の挙式の場所は濡れないようになっています。

元を正せば、重要な神を祭っている所です。

屋根が存在したり、屋内で可能だったりと挙式については原則として天気模様を心配することは不要です。

二人の晴れ舞台で日本晴れになれば理想ですが、天気模様ばかりは当日になるまで判りません。

魅力的なムードが楽しめる神社挙式ですが、雨天でも参進の儀や写真撮影などに対しても充分に対応することができます

サイト内検索
記事一覧