東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式を行う神社を選ぶ際に確認すべきポイントとは

現在日本では、日本らしい雰囲気を大切にした結婚式の人気が高まっており、神社での結婚式を選ぶ人も増えています。

格調が高いというだけではなく、流れもチャペルでの挙式とは大きく異なる点があるので、よく内容を理解しておく必要があります。

一口に神社結婚式といっても、選択肢が豊富にあり、どこを選んでも同じというわけではありません。

神社によって異なる点も多いのでよく確認して、複数の神社を比較してから決めるようにしましょう。

参列できる人数や範囲を確認しておく

本来の神前式としては、親族杯の儀にあるように、両家の縁を結ぶ意味合いもあります。

そのことから基本的には、挙式に列席できるのは両家の親族のみというケースが大半でした。

近年では友人などゲストの参列も可能となっている神社も増えましたが、一般的には神社の本殿のスペースはそれほど広くないことも関係しており、列席者が限られていることが多いです。

親族以外の列席者も列席できるのか、境内から式の様子を見ることができる中などの違いは大きくなっています。

基本的に挙式の列席者は親族のみという考えだったこともあり、親族のみならば収容人数を越えてしまうケースはあまりありませんが、親族が多い場合や、親族以外の列席者もいる場合は、神社の収容可能人数は事前に確認しておくべきです。

特に友人にも列席して欲しいと考えている場合には、神社への事前の確認は必要となります。

大きな規模でも親族しか不可となっていることもあるので、規模が大きいからと勝手に判断してしまうべきではありません。

披露宴会場までの距離や流れをチェック

神社での神前式の後に披露宴や食事会を行うことも多いのではないでしょうか。

式の後に披露宴や食事会の開催を考えている場合には、披露宴会場食事会の場所は大きく分けると二つのパターンがあります。

神社の敷地内か、すぐ近くにある神社管轄の会館などで行う場合と、ホテルや専門式場、ゲストハウスやレストランなど、神社とは無関係の全く違う場所で行うかのどちらかになります。

神社の敷地内や近場の会館となれば、移動の手間を軽減させることができたり、披露宴から参加するゲストに挙式後の様子を見てもらえる、神社の境内で一緒に写真を撮影できる可能性もあるというメリットがあります。

神社とは無関係で全く異なる場所でおこなうとなれば、移動の手間はかかりますが雰囲気を全く変えることができるというメリットがあります。

神社によっては、挙式しかできないところもあるので、事前にしっかりチェックしておくことが大切になってきます。

神社は昔ながらの建物が大半であり、バリアフリーにはなっていないところが多いので、高齢者の参列者が多い場合には、バリアフリーかどうかも確認しておきましょう。

料金の違いを確認しておく必要がある

神社での結婚式に馴染みがない人の場合には、高額な費用が必要になるのではないかと考えてしまいがちです。

しかし神社での式はチャペルでの挙式よりもリーズナブルに済ませることができることが一般的です。

ですが、神社による違いはかなり大きいのでしっかりと比較しておかなくてはなりません。

神社の神殿内は個人での写真撮影が不可となっているケースが多いことから、専属のカメラマンにお願いをすることになります。

トータル費用はいくらになるのかの違いを押さえておくことが、納得できる式にするためのポイントの一つです。

神社は格調が高い挙式にすることができますが、その分決まりも多いところがたくさんあるので、自分たちの望んでいる式を挙げることができるのかということを確認しておかなくてはなりません。

見学や相談に行くことにより、実際の雰囲気を知ることもできるので、良いと感じた神社があった場合には必ず見学に行き確認しておきましょう。