東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式に呼ばれたら、ネイルはしてもいいの?

神社結婚式は荘厳な雰囲気が特徴なので、中高年以降の人だけでなく、若いカップルも憧れている人が増えています。

姉妹や従姉妹、親戚などの血縁の濃い人の場合は、花嫁が主役になっているため、基本的には爪のお洒落をしないことが大事です。

ハンドクリームを使ったり、爪のお手入れをしておくと清潔な印象を持ってもらえます。

友人知人として参列をする場合は、落ち着いた色の一色だけにして下さい。

暗い色はおめでたい席にはふさわしくないので、ベージュやクリア、ピンクなどの明るい色がおすすめです。

 

血縁の濃い人は爪に色を付けないのがマナーです

現代は多くの著名人も伝統的で厳かな雰囲気の、神社結婚式を挙げている人が増えており、一般家庭のカップルも憧れている人が増えています。

親族や親戚、兄弟姉妹、友人として、挙式や披露宴に招待をされている人が多いですが、基本的なマナーを知っておく必要があります。

日頃からネイルのお洒落を楽しんでいる人が増えていますが、招待されたら付けてもよいか知っておく必要があります。

結婚式では花嫁が主役なので、親族や姉妹、親戚などの血縁の濃い人は、基本的にネイルはしないのがマナーです。

清潔な印象を与える必要があるので、日頃からハンドクリームでお手入れをしたり、爪のお手入れをしておくことが大事です。

普段は爪のお洒落をしているので、目立たない程度のお洒落をしたい人も少なくありません。

 

目立たない色を一色だけ付けましょう

日頃から爪のお洒落をしている人は、目立たないお洒落をしたい人も少なくありません。

どうしても付けたい場合は、ベージュやクリア、薄いピンクなどの目立たない色を、一色だけ付けると良いでしょう。

神社挙式の場合はラインストーンや花などの装飾は付けないことが大事です。

20代ぐらいの年代の人は、グラデーションに入ったデザインや、カジュアルなデザインのネイルを日常的に楽しんでいる人が多いですが、挙式の場にはそぐわないので、避けたほうが無難です。

暗い色のカラーはおめでたい席には、向いていないので避けることが大事です。

神社挙式の会場では、新郎新婦はもちろん、親族や親戚、両親、祖父母などの血縁の濃い人が参列をしているので、失礼のないような身だしなみを心掛けることが大事です。

基本的には清潔な印象にすることが大事です。

 

清潔な印象の明るい色を選んで下さい

神社結婚式は基本的には、親族や家族、親戚などの血縁の濃い人だけで行うことが多いですが、友人や知人を招待することもあります。

友人知人として挙式や披露宴に参列をする時は、新郎新婦はもちろん、身内の人に失礼のない身だしなみを心掛ける必要があります。

ピンクやベージュ、クリアなどの清楚な印象の明るいネイルはしても良いですが、派手なデザインや暗い色、長い爪などは避けることが大事です。

挙式の会場では花嫁が主役なので、招待客は派手すぎず、清楚な印象の服装や爪のお洒落を心掛ける必要があります。

チャペル挙式とは違い、雅楽や太鼓の音色の中で荘厳な雰囲気の中で愛を誓うのが一般的です。

伝統的な結婚式にふさわしい服装や見だしなみを心掛けることで、好印象を持ってもらえます。

ヘアメイクなども派手すぎず、上品な雰囲気を心掛ける必要があります。

 

神社挙式に招待をされた時は、新郎新婦はもちろん、家族や身内に失礼のない身だしなみを心掛ける必要があります。

友人知人として招待された時は、ピンクやベージュ、クリアなどの目立たないカラーのネイルを選んだり、長い爪は不潔な印象を与えてしまうので、清潔な印象にしておく必要があります。

暗めの色やラインストーン、花などの装飾は避けたほうが無難です。

姉妹や従姉妹などの血縁の濃い人の場合は、基本的には爪には色を付けないことが大事です。

挙式では花嫁が主役になっているので、派手すぎない爪のお洒落をして下さい。