東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式のメリットって何?

神社結婚式のメリットって何?

皆さんはどのような結婚式がしたいですか?
今の時代、結婚式といえと新郎がタキシードを、新婦がウェディングドレスを着てというのをイメージする方が多いかもしれません。
しかし、日本には伝統的な神前式という式があります。
日本ならではの和装で行う式です。
堅苦しい、タキシードとドレスの方がいいと思う方もいると思います。
しかし、神前式には神前式ならではの魅力とメリットがあるのです。
洋装の式では味わうことができない伝統を重んじた神秘的で厳かな式を体験することができます。
堅苦しいのではなく、伝統を重んじていて厳かなのです。
神社で行う式ならではの魅力とメリットをいくつか紹介していきます。
このコラムを読んで1人でも多くの方が、神社結婚式に興味を持っていただけると嬉しいです。

 

コストを抑えることができます!

神社で挙式すると、洋装で結婚式場やホテルなどの会場で式や披露宴を行う場合と比較して、費用が安く済みます。
洋装で結婚式場やホテルで、式や披露宴を行った場合の合計金額の平均は300万円だそうです。
神社で行った場合の平均金額は200万円だそうです。
あくまで平均なので、どちらももっと高い人もいれば安い人もいます。
しかし、平均でも100万円の差があるというのは、神社で結婚式をした場合のお得感を感じます。
もちろん、人生の大イベントの1つなので、予算を第一に考えて、ケチって終わってから後悔しないようにしたいという思いは、誰にでもあると思います。
神前式というものに魅力を感じ、予算が安く済むということも含めて、前向きに神前式というものを挙げようと思うことが大切です。

 

日本の伝統衣装を着ることができます!

神社結婚式では、新郎は袴、新婦は白無垢を着ます。
どちらも日本の伝統衣装です。
日本でしか着ることができない特別な衣装です。
日本人として生まれたのなら、着てみる良い機会ではないでしょうか。
ちなみに、希望があれば髪飾りをつけたり、ブーケを用意することも可能です。
伝統に沿った着方でなくては絶対にダメというわけではなく、一部を現代風にアレンジするのは、やってもいいことなのです。
自分だけの白無垢の着方を、式前の打ち合わせでコーディネートするのも、神前式だからできる楽しみの1つかもしれません。
自分だけの白無垢のトータルコーディネートは一生の思い出になること間違いなしです。

 

雅楽を堪能することができます!

雅楽は世界で最も古いオーケストラと言われています。
オーケストラというと、ヴァイオリンやチェロを使った演奏のイメージが強いと思います。
しかし、当然ですが、雅楽とはそのような楽器を使った演奏ではありません。
日本に古くから伝わる日本ならではの伝統的な楽器を使った演奏です。
新郎新婦だけでなく、招待客の方々も普段聴くことができない演奏を堪能でき、充実した式になるのではないでしょうか。
雅楽のコンサートへ行く機会があるという人は、なかなかいないと思います。
そもそも、雅楽というものに馴染みがない人がほとんどです。
日本に住んでいてもなかなか聴く機会がないからこそ、ここで雅楽というものを聴くのはとても新鮮で、心に残る思い出になるのではないでしょうか。

〇日本人なら神前式を検討してみよう
ドラマや漫画の影響もあり、結婚式といえば新郎がタキシードを、新婦がウェディングドレスを着て、教会で式を挙げるというイメージが強い人が多いと思います。
確かにドラマや漫画の結婚式のシーンは洋装のものが圧倒的に多いと思います。
しかし、日本人ならば日本に古くから伝わる神前式の存在を忘れてはいけません。
近々結婚して、式を挙げる予定がある方には、神社結婚式に少しでも興味を持っていただけると嬉しいです。
そして、調べて神社での結婚式の魅力やメリットに気付いて、和装で神社で挙式しようと思っていただけると、さらに嬉しいです。
神社結婚式という日本の伝統的な式を行って幸せになる夫婦が1組でも多く誕生しますように。