東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式のメリットとデメリットを知ろう

若い年代の人から40代以降まで神前挙式に憧れている人が多く、太鼓や雅楽などの音色の中で厳かな雰囲気の挙式をしたい人にお勧めです。

神職や巫女が誘導をしてくれるので、初めての人も安心できます。
チャペル挙式に比べると収容できる人数が限られていることが多いので、事前に確認を取っておく必要があります。

一般的な結婚式場でも神前挙式ができる所が増えているので、まずは電話で問い合わせをしてみると良いでしょう。
東京にも伝統的な神社が多くあり、他府県からも多くの人が予約を入れています。

厳かな雰囲気の中で挙式ができます

現代は以前に比べると、日本の伝統的な和服を着用する機会が減少しているので、結婚式の時に白無垢や色打掛、羽織、袴などの伝統的な衣裳を着用したい人が増えています。
多くの著名人の間でも神社結婚式をしている人が増えており、一般の20代から、40代以降の人まで神前挙式を希望している人が増えています。
雅楽や太鼓などの音色と共に、神職や巫女などに誘導をされて厳かな雰囲気の中で挙式が行えるなどのメリットがあります。

家族や親族などの親しい間柄の人に参列をしてもらえるので、アットホームで温かみのある挙式が出来ます。
京都では伝統的な神社が多く、地元の人はもちろん、他府県からも神前挙式をするために予約を入れている人が増えています。
一般的な結婚式場でもチャペル挙式はもちろん、神社挙式に対応をしているので、まずは電話で相談をしてみると良いでしょう。

入場できる人数が限られていることが多いです

神前挙式は厳かな雰囲気の中で永遠の愛を誓うことができるので、チャペル挙式とは違う良さを実感できます。
チャペル挙式を希望している人は、家族や親族、友人などの多くのゲストを招待することがほとんどです。

神前挙式のデメリットは入場できる人数が限られていることが多く、家族や親族などの身内だけになっていることもあるといった点でしょうか。
神社の境内には収納できる人数に制限がある場合があるので、友人や知人を招待したい場合は収容人数を確認しておく必要があります。

新郎新婦は着物を着用するので雨天などの天候が心配な人が多いです。
雨天の場合でも小雨の場合は和傘などを使って入場ができますし、雨の日にも対応をしている結婚式場が多いので事前に確認をしておくと安心できます。
日本の伝統的な和装の衣裳を身に付けることで、大切な一生の記念になります。

チャペル挙式に比べると費用を抑えることが出来ます

友人や知人、親族などの多くのゲストを招待する場合ではチャペル挙式を行う人が多いですが、伝統的で厳かな雰囲気の中で挙式をしたい場合は、神社を利用したい人が増えています。
神前挙式の場合はチャペル挙式に比べると、招待する人数が少ないので費用を抑えることが出来るなどのメリットがあります。

地元で評判の高い結婚式場を選ぶと、費用の面でも相談がしやすく不明瞭な点などはないので安心して利用できます。
神前挙式の場合は親族の間でお神酒を提供してもらえるので、全員でお神酒を頂くことで家族や親族の絆を深めることが出来ます。

雨天などの悪天候の日も対応をしているので、安心して利用できます。
チャペル挙式と神前挙式ではどちらにも長所と短所がありますが、じっくりと時間を掛けて検討をして最適なプランを選ぶと良いでしょう。
結婚式は一生に一回の大切なセレモニーなので、感動的な演出をしてもらえます。

 

神社結婚式は雅楽や太鼓などの音色の中で、神職や巫女に誘導をしてもらい親族や家族などの身内で行う結婚式です。
現代では伝統的な和服を着用する機会が減少していますが、羽織袴や白無垢、色打掛などの伝統的な衣裳を身に付けることが出来ます。
神前挙式の長所を知っておきたい人が多いですが、厳かな雰囲気の中で永遠の愛を誓うことが出来たり、お神酒をくみかわして家族の絆を深めることができます。