東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式での黒留袖の選び方は?

神社結婚式の場合、親族は黒留袖を着ることが多いです。

黒留袖は、現代では既婚女性の第一礼装としてとらえられています。

しかし最近は着物を着る人も減ってきており、何を着ればよいのか全くわからないという方もいるのではないでしょうか。

では、みんなから一目置かれるような、素敵な黒留袖は一体どのように選べば良いのでしょうか。

 

描かれた紋の数の違いで格が変わってくる

黒留袖は、黒地にいわゆる「染め抜き」と呼ばれる紋が描かれています。

紋の数は五つ紋、そして三つ紋、一つ紋のものもあり、紋が多いほど格が高いとされています。

結婚式では、新郎新婦の母親や、親族の中の既婚者が着ているのを見かける人も多いのではないのでしょうか。

実際のところは、留袖は親族限定の衣装ではありません。

しかし現実には身内の結婚式などで使用することがほとんどなのです。

黒留袖は親族が着用するものという認識が強いため、ゲストの方が留袖を着用したい、という場合は、核を下げて色留袖にするなど、注意が必要になってきます。

では紋ごとの核の違いについてみていきましょう。

五つ紋は、両胸と両袖、そして背中に家紋が入っているものを指します。

最も品格が高いとされる正礼装の着物です。

三つ紋は、両袖と背中に家紋が入り、五つ紋の次に品格が高い着物とされています。

そして一つ紋は、家紋は背中のみで、略礼装としてとらえられています。

ではどのように紋の数を使い分ければ良いのでしょうか。

 

紋の使い分けは意外と簡単にできる

黒留袖は一般的には、五つ紋を入れて正礼装として着用します。

基本的には家族や親族の慶事の際に着用するものです。

では三つ紋(準礼装)はどのようなシーンで着用するのでしょうか。

例えば、結婚式の結婚式のゲストとして参列する場合も着用して良いとされています。

他にも、何かの式典に出席する場合や、子どもの入学式や卒業式などにも着用できます。

そして、一つ紋は、結婚式のゲストとして出席する場合で、新郎新婦との関係が親しい友人や会社の同僚などの場合に着用できます。

また、カジュアルスタイルの結婚式に参列する際も着用できますし、子どもの入園式や小学校の入学、卒業式などにも着用できます。

なんとなくわかったけれど、やはり不慣れで、マナー違反してしまわないか自信がないという場合に押さえておきたいポイントが、ゲストは新郎新婦よりも格の下がった留袖を着用することです。

実はこれが和装の基本的なマナーで、これさえ押さえておけば大きくマナーから外れることはありません。

結婚式に友人として参列する場合に着物を着用する場合は、最も格の低いものにしておくと、親族の格を超えてしまう心配もありません。

 

黒留袖の柄はどんなものでも良いのか

柄は好みが出る部分ですが、可愛らしく若作りしていると思われてしまうのは、神社結婚式の場に相応しくないでしょう。

つまり、年相応の柄選びを心がけることが大切になってきます。

年配の方は、裾の下の方に描かれている小さ目の柄を選ぶと、落ち着いて好印象を持たれるでしょう。

反対に若い人は、柄が多い華やかなデザインのものが良いです。

合わせる帯によっても印象は変わるため、選ぶのが楽しくなるでしょう。

 

マナー違反をしないか不安な方は、レンタルの黒留袖にしてはいかがでしょうか。

そうすればスタッフの方に色々助けてもらえて安心できます。

また、親族の場合は、新郎新婦と同じ衣装スタジオでレンタルできるか確認してみてはいかがでしょうか。

新郎新婦と合わせてレンタルできると、スタッフの方がきちんと見てくださるため、両家で衣装の格に差が出るなどのマナー違反になることもなく安心です。

素敵な黒留袖を選んで、神社結婚式を楽しみましょう。

サイト内検索
記事一覧