東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式を挙げる際の準備と流れ

神社結婚式を挙げる際の準備と流れ

 

神社は都内に数々あって、有名な方々も式を挙げています。
その神社で式ができるのか、さらに、和装での作法や式の流れなど、知らなければならない最低限のこともあります。
下準備として、まずは見学会に足を運ぶのも良いでしょう。

 

式までの流れを知るには情報収集

お見合い結婚が主流だったひと昔の人は、古臭かったり、形式ばっているイメージのある神社での結婚式を当たり前に執り行っていました。
今では、一流ホテルや三ツ星レストランでのウエディングが定番化しています。
ですが、実は都内では今、神社結婚式を挙げる若いカップルが増えているようです。
その理由は、和モダンの流行、周りとの差別化、女優や芸能人の影響力もあるようです。
神社結婚式を計画するならば、まずは、情報収集に始まり、式場を選定し、当日には式やら披露宴を執り行う流れです。
都内にも、数々の神社があります。
提携を行っている他の神社でも式を行えるというサービスをウリにしていたり、いずれにしても、都内でありながら、格調の高さが魅力です。
厳かな雰囲気がある分、やはり本物の神社で行うのが一番です。
場所もポイントで、ホテルや結婚式場として運営した歴史、伝統を誇っているのが都内の閑静な一区画にあるブライダル会社です。
ここに限ってではありませんが、そこに永く佇むため、アクセスが少々困難です。
駅前ではない場合には、ゲストの道案内も必要です。
ですが、歴史や伝統の分、提携神社は大手ばかりですし、四季や自然の色彩はいうまでもなく、フォトジェニックにうってつけです。

 

会場探しはプランナーと一緒に行う

・このように、まず第一に、その会場の伝統をチェックすることは必要です。
基本的に神社結婚式のノウハウは、営業年数に比例しているようですから、歴史があればそれなりに経験もあり、まさかのトラブルにも強く、臨機応変に対応してくれるでしょう。

・また風景に気が遣われているのか、フォトブライダル向きなのかもチェックできます。

この神社で挙げたいと思ったならば、提携先を問い合わせましょう。
どちらが先になっても構わず、プロデュースするブライダル会社では、日本画のような四季を彩る庭園風景の神社、伝統的な披露宴会場を併せた神社などと提携しています。

選ぶのに迷うならば、ウエディングプランナーとともに決めるのもアリでしょう。
この時、見学会やフェアに赴くのもポイントで、パンフレットなどからも情報収集が可能ですし、アドバイザーが準備に必要なことも含め、結婚式に関する相談にのってくれます。
予算や招待客の人数などをメモしてから赴くと、相談に対する回答もスムーズです。

 

式の後は立食スタイルも楽しめる

〇事前に確認しよう
・神社結婚式をする場合、色々な作法が必要となりますが、作法が分からない人の方がはるかに多いはずで、事前に神職や巫女が説明をしてくれます。
メモやビデオ撮影などで、分からない部分、行動や言動を記録しておけば、後々チェックできます。

・また、式のやり方も神社によって違います。
特に玉串に関しては、当日慌てないためにも事前に聞いておきましょう。

〇神社挙式を節約するコツはあるのか
この点もやはり気になる人もいるのではないでしょうか。
例えばの話、自分たちがしたい儀式のみを行うことも節約のコツで、雅楽の演奏、巫女舞や親族盃の儀などのオプションはあまりつけなければ、予算内に収まります。
お祝い事だし、神社での式に関しては、ゲストも含めて一生に一度と考えている人も多いのは事実です。
プランナー選びから始まり、司会や写真、美容や装花、映像などに携わるスタッフにも目を向ける必要もあります。
最近、都内にも沢山の三ツ星レストランや老舗料亭があるので、神社結婚式では会食スタイルも流行っています。
もちろん、敷地内に披露宴会場を併設する神社もあります。
しかし、予算を抑えるならば、神社結婚式を終えたら、徒歩やバスを利用して会食をするという流れの式もアリだと感じられます。
この時、事前に飲食店への連絡が必須です。

〇まとめ
神社結婚式が都内では人気取りしています。
普段とは違う雰囲気、装い、お料理、映像が魅力のようです。
式を挙げるにしても、式場選びには情報収集が必須、プランナーとともに式までの段取りを踏みます。
内容は、しっかり文字や映像に残し、伝統やマナー違反にならない配慮も必要な準備です。