東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式とは?

神社結婚式とは?

 

現代人の挙式スタイルは実に様々であり、チャペルウェディングや結婚式専門施設での結婚式、ゲストハウスでの挙式など自由自在です。
でも日本人として古き良き時代の良さを活かしたいと考えるのであれば、やはり選びたいのは神社結婚式であり、日本が昔から大切にしてきた結婚式のスタイルです。

 

パワースポットと呼ばれる東京の神社での挙式も

日本の伝統を引き継ぐ奥ゆかしい結婚式が神社結婚式であり、挙式を行う会場はゲストハウスやホテルではなく本物の神社です。
洋風の結婚式のブームで日本古来の結婚式スタイルは、若干スポットから外れた時期もありましたが、アナログ時代が終わりネットなどですべてが変わった現代だからこそ、再び神社結婚式への人気は高まりつつあります。
会場となるのは東京の何百年何千年と続く歴史ある神社ですから、年間を通して行われる祭事には数多くの人でにぎわいますし、東京の神社はパワースポットも多いです。
全国に恋愛や結婚に良いご縁を導くと言われる神社がありますが、東京にも恋愛や結婚に強いと言われる神社はありますし、パワースポット神社で結婚式ができるのは、幸福な第二の人生のスタートラインを切ることができます。
日本が誇る昔ながらの伝統を守りぬく神社での結婚式は、厳かな雰囲気の中にありながらも、人とのつながりも大事にする心暖まる女子期になること請け合いです。

 

雅楽の調べと一緒に袴の新郎と白無垢の新婦は本殿へ

〇神社結婚式とは
その名の通り伝統ある神社で行う結婚式であり、最初に日本で神社結婚式が行われたのは明治時代と言われています。
結婚式専門ホテルや教会ウェディングとは違い、神社結婚式は伝統を重視した洋風結婚式にはない流れで行われるため、カップルはもちろん参列者も独特のある緊張感に包まれるのも特徴です。

〇流れ
知識には一連の流れがありますがまずは参進、修祓、献饌と続いていきます。
①神社に入る際には普通の参拝の際にも、入り口で手を洗い、口をすすぎ清めて入りますが、結婚式のときにもお清めをするので、手水で清めてから本殿へ進むのが基本です。
②新郎と新婦だけではなく、両親に親族も一緒に本殿へと歩きますが、この際の音楽は雅楽の調べという、なんとも厳かで風情ある行列です。
③神社結婚式は和装で行われるので、紋付き袴姿の新郎は日本男士らしく、白無垢と振り袖姿の新婦は穢れなくこの上なく美しく、そんな二人が赤い毛氈を歩き進みます。
④新郎新婦と参列者の罪穢れを払う修祓を行い、神前に供え物を添える献饌を行いますが、事前に終わっていると省略です。

 

かかる時間はチャペルウェディングとさほど変わらない

現代人の結婚式といえばチャペルウェディング人気はもはや不動ですが、神社結婚式とは神社で行う昔からの結婚式のことであり、神社挙式にもスポットはあたっています。
神前式と呼ばれるのが一般的に言われる神社での結婚式のスタイルなので、一般のホタルや結婚式会場にある神殿を利用しても、神前式を希望すれば行うことは可能です。
ですがホテルなどに設置された施設はその場所だけなので、本物の神社のように神社ならではの景色や雰囲気を本格的に感じることはできません。
神社結婚式には日本の結婚式ならではの、伝統を守った儀式の中で執り行われますが、時間的には一般のチャペルウェディングとさほどかかる時間は変わらないです。

普段慣れないような儀式や流れが時間を長く感じさせるだけで、チャペルウェディングと同じように、大体挙式は40分くらいになります。
①参進の儀から始まって入場をしたら
②修祓の儀を行い祝詞奏上で神様に永遠の愛をお祈りして
③三献の儀を行い夫婦になる誓いの言葉を読み指輪の交換です。
結婚式のスタイルとして近年注目が集まっているのが神社結婚式であり、会場を神社として昔ながらの和風の結婚式を挙げることができます。
神社結婚式ですから新郎新婦のファッションは和装であり、男性は紋付き袴で女性は白無垢姿、和の音楽と共に歩く姿だけでも感動ものです。