東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式の参列者の注意点とは?

近年では日本ならではの和のテイストを取り入れた結婚式である和婚に注目が集まっており、神社での結婚式に人気が集まっています。格調が高いということはもちろんのこと、通常のチャペルで行われる結婚式に比べると、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。

新郎新婦として神社結婚式をあげる立場となった時はもちろんのこと、参列者の立場となる場合にも、注意しておかなくてはならない点は多々あります。

服装など身だしなみのマナーについて

神社での結婚式では新郎新婦は和装をすることが基本となっていますが、参列者の立場となれば、男性も女性も何を着ていけば良いのかで悩むことになるのではないでしょうか。男性も女性も和装でも洋装でも問題はありません

男性で友人の立場となれば、和装をすることはあまりありませんが、和装で参列する場合には正装または準礼装にしておき、両家父親よりも控えめになるようにしましょう。女性のゲストの場合には、神前式の雰囲気に合った華やかな着物は新郎新婦はもちろん、親族にも喜んでもらえるのではないでしょうか。振袖や訪問着を着用することになりますが、その際には柄や色は派手になりすぎないように気をつける必要があります。新婦よりも目立つような見た目はマナー違反となるので注意しなくてはなりません。主役は新郎新婦であり、ゲストが主役より目立つことは避けることは当然です。それだけではなく、新婦と被らないようにしておくというのも大切です。

洋装の場合には男性は正装か準礼服となりますが、洋装の場合にも両家の父親よりも控えめにすることが大切です。女性の洋装となれば露出度を控えることが、必須となります。チャペルでの式の場合には、身だしなみは近年では自由度も高まっていますが、神社での結婚式となれば格調が高いので、身だしなみは十分気をつけておかなくてはなりません。ノースリーブやキャミソールタイプのワンピースの場合には、ボレロやストールは必須となります。

時間厳守で挙式中は静かに見守る

神前式は教会式とは異なり、全員で参拝する所作があるので途中からの入場をすることはできず、遅刻は絶対にしてはいけません。間に合えば良いとギリギリに到着するのもよくありません。神社での結婚式では、流れもわからない人が多いのではないでしょうか。式が始まる直前には、式場関係者から進行の説明があるので式の始まる三十分程度前には控え室に入ることができるように、時間に余裕を持って到着するようにしましょう。

神聖な神前式では私語は厳禁となっているので、所作がわからなくても周りに聞いたりすることはマナー違反となります。所作をきちんと頭に入れておくためにも、余裕を持って足を運ぶようにしておきましょう。

勝手に写真撮影をしないように気をつける

神前式に限らず、キリスト教式でも、宗教式は挙式中に勝手に写真をとることは許されない場合が多くなっています。近年ではチャペルでの式となれば、撮影が自由ということも多いですが、神社での結婚式となれば話は別です。特に神殿の中は神聖な場所であり、神社と契約している専属カメラマンだけが撮影を許されているというケースも珍しくはありません。どうしても撮影したいという場合には、事前に神社側への確認が必須ということは頭に置いておくようにしましょう。

撮影が可能という場合でも、撮影しても良い場所やシーンが決まっていることが大半なので、注意点として写真に関するマナーは十分気をつけておくように心がけなくてはなりません。

神社での結婚式は近年では増えつつあることは確かですが、まだ参列したことがない人にとっては、チャペルでの結婚式との違いで戸惑うことも多いのではないでしょうか。チャペルでの結婚式に関しては、自由度が割と高い式場も多いですが、神社となれば格調が高いので、マナーには厳しいケースが大半です。服装を始めとした身だしなみや立ち振る舞いには十分気をつけましょう。