東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式の理想の時期とは?

結婚式を行う際に、神社結婚式をあげたいと思ったことはありますか?

あげてみたいけど、どの時期にあげればいいのかわからないという人もいるでしょう。

神社で式を上げるのにベストな時期について説明していきます。

 

そもそも神社結婚式とはどういうものか

神社で式をあげるようになったのは、大正天皇が初めてだといわれています。

その後、だんだんと広まってきて、日本では一般的な結婚式になりました。

しかし結婚式場が建てられるようになると、そちらで式をあげることが多くなり、神社で行う人は減ってきています。

その理由として、結婚式場は室内で行われるため天候に左右されない、いろいろな場所に建てられているということが大きいです。

 

神社において行うことによるメリット

神社で式をあげることには、どんなメリットがあるのでしょうか?

1.日本に昔からあった方法で、歴史のある建物において行われることにより、日本の歴史や文化を感じることができます。また衣装にしても、今では着る機会の少ない昔ながらの衣装を着ることが可能です。

2.結婚式場に訪れることはそうそうありません。しかし神社は、七五三や初詣など人生で何度も訪れる場所です。そこで式を行うことで、自分の成長を見守って貰うことになるのではないでしょうか。

3.新郎が神様に向かって誓いの文を読むという儀式があるため、結婚式での見せ場になります。結婚した相手や来てくれている方に格好いい姿を見せることができるかもしれません。

4.屋外で行われるため、その季節を感じることができます。桜や紅葉、雪の中で式を上げてみたいと思いませんか? よく神社であげるのは堅苦しく、面倒なイメージを持たれる方もいますが、かかる時間などは結婚式場とあまり変わりません。

 

式を上げるのはいつがいいのかわからない

神社結婚式を行うのに、最適な時期はいつなのでしょうか。

人気が高いのはやはりです。

春は花が咲いたり動物や虫が出てきたり、入学式を行ったりと、華々しいイメージがあります。

気温もちょうどいいため、式を快適に送ることができます。

また、桜や多くの花が咲いていてとても綺麗です。

しかし人気があるために予約が混んでしまいがちです。

は日差しが強く天気が良いことが多いため、晴れ晴れとした気分で行えますが、暑すぎると衣装などを着るため大変かもしれません。

も、春と同様に気温が安定しているため人気があります。

紅葉などの中で式をあげられるため、雰囲気がいいです。

冬は、結婚式自体があまり行われないため予約が取りやすいです。

さらに式を上げて貰うために値段を安くしたり、キャンドルなどで雰囲気作りをしてくれることもあります。

冬ならではの着物もあるので、選ぶのも楽しいでしょう。

しかし時期として年末年始など忙しいことがあるため、参加者の予定を考えて行う必要があります。

雪や寒さなどもあるため、春秋のように気温は安定していません。

このように、季節ごとにそれぞれメリットやデメリットがあるのです。

 

式を上げるのに最適な時期は、本人達の考え方によって変わります。

結婚式場で上げるのとは違い、日本の文化や四季の桜や紅葉などを感じることができることが大きなメリットです。

綺麗な景色の中で式を上げたいという方、気温が高すぎたり低すぎたりするのが嫌という方は春や秋が良いと思います。

ただ、多くの人が春や秋を選ぶため、予約が混んでしまうので予約を早めに取ることが大事です。

結婚式の際にはさまざまな費用がかかってしまいます。

費用を少しでも抑えたい、予約が取りやすく日程を決められるほうがいい、他とは違って思い出に残る式にしたいという方は夏冬にあげるのもいいのではないでしょうか。

結婚式はそうそうあるものではありません。

是非、一生の思い出に残るよう、季節ごとの特徴を理解して行ってみて下さい。

サイト内検索