東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式の費用はどれぐらい?

神社結婚式の費用はどれぐらい?

 

日本の伝統的な神前結婚式に憧れている人が多く、伝統的なパワースポットの神殿や神社で永遠の愛を誓うことができます。
日常生活では和服を着用する機会が減少してきますが、羽織袴や白無垢、色打掛などの和装の衣裳を着用するのが特徴です。
新郎新婦、親族などが入場した後は神職や巫女などが誘導をしてくれます。
神職が祝詞を行った後に三々九度の盃を交わすのが特徴です。
厳かで格調の高い結婚式ですが、洋風のチャペル挙式に比べると費用を抑えることができます。
感動的な結婚式をしたいカップルにお勧めしたいです。

 

厳かな雰囲気で格調の高さが魅力です

様式のチャペルウェディングを行う人も多いですが、日本の伝統的な神社結婚式に憧れている人も多く、幅広い年代の人が地元で人気の高い結婚式場に予約を入れています。

〇人気のポイント
・神社結婚式は人気の高いパワースポットの神社や神殿で行う結婚式なので、厳かな雰囲気で格調の高さが魅力です。

・日常生活では和服を着用する機会が少なくなっているため、羽織袴や白無垢、色打掛などの和装の衣裳を身に付けたい人に人気があります。

・神社結婚式の作法が難しいと感じている人が多いですが、神職や巫女が丁寧に誘導をしてくれるので、安心して下さい。

神社や神殿に入場をする時は右側に新郎の親族、左側に新婦の親族が立つのが基本になっています。

雅楽の音色の中で神秘的な挙式ができるので、非日常の体験をしてみたい人にお勧めしたいです。

 

チャペル挙式に比べると費用を抑えることができます

芸能人やモデルなどの著名人の間でも、神前結婚式を行う人が多いので、若い20代の夫婦も憧れている人が多いです。
新郎新婦、親族が入場をしたら神職が祝詞を行うのが特徴です。

三々九度の儀式を行う必要があるので、新郎新婦がお神酒を飲み、深い契りを交わすのが特徴です。

結婚指輪の交換などの儀式も行うので、事前に結婚指輪を用意しておきましょう。

・神前結婚式の費用がどれぐらい必要なのか知っておきたい人が多いですが、洋風のチャペル挙式に比べると費用を抑えることができるので、幅広い年代の人に人気があります。

・地元で人気の高い結婚式場を選ぶと、神前結婚式にも対応をしているので、まずは店頭で相談をしてみると良いでしょう。

大安吉日に挙式をしたい人がほとんどなので、早めに予約を入れておくと安心できます。

・一生に一回の大切な儀式なので、納得が行くまで打ち合わせをして下さい。

 

平均的な予算は200万円前後です

結婚式は招待する人数や利用する結婚式場や、ゲストに提供する料理によっても多少は費用が違ってきますが、様式のチャペル挙式の場合は300万円から、400万円ぐらいが平均的な相場になってきます。
神前結婚式を予定しているカップルは、利用する結婚式場やゲストの数によっても多少は違ってきますが、平均的な予算は200万円前後になっています。

〇とくに費用を抑えたい人にオススメ
費用をなるべく抑えて、厳かで感動的な挙式をしたい人にお勧めです。
挙式が終わった後は披露宴を行いますが、結婚式場では高品質な食材を取り扱っているので、ゲストに美味しい料理を味わってもらえます。
数多くの結婚式場がありますが、接客マナーの丁寧なスタッフが在籍をしている所を選ぶと、親切で丁寧な応対なので安心できます。

〇まとめ
神前結婚式は、伝統的なパワースポットの神社や神殿などで行う結婚式なので、厳かな雰囲気で格調が高いのが特徴です。
様式のチャペル挙式に比べると費用を抑えることができるので、感動的な挙式をしたいけれど、なるべく費用を抑えたい人にも人気があります。
神前挙式は作法が難しい印象がありますが、神職や巫女が丁寧の誘導をしてくれるので、安心して下さい。
新郎新婦、親族が入場した後に、神職が祝詞を行い、新郎新婦が三々九度のお神酒を飲んで、深い契りを交わすのが特徴です。
著名人の間でも人気があるため、20代の若い人も憧れている人が増えています。