東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神前式の歴史

公開日:2019/02/14  

神前式と耳にすると趣が見られる神社の佇まいや和装、雅楽器などを類推する人も多いことでしょう。

厳かなムードがもたらされる神聖なスペース、それから日本らしい演出など個性あふれる特徴があります。

式の起源に関して確かめて自分自身や親族の好みに合った挙式スタイルか否かを知ることは大事です。

 

神前式に関する大まかな起源について

神前式となりますと、伝統的や日本古来というような形容詞でいわれることが多いのも否定できない事実といえます。

今日のような式がスタートしたのは、明治33年に大正天皇のご成婚を記念し、日比谷大神宮において実施した結婚式からと考えられています。

更に古くは室町時代の武家の式までさかのぼることになります。

室町時代は陰及び陽の二つの式で組成されており、まず第一に陰の式で花嫁は花婿の家へ訪れて合杯の礼を行っていました。

参列するのは花嫁及び付添人、花婿それから、式をつかさどる方だけで、花嫁に関しては白無地の着物を着ていました。

三日した後の陽の式であでやかな姿で臨み、その後に親族固めの杯を交わすというものでした。

 

起源についての詳細な築いてきた歴史

起源の詳細については、室町時代に実施されていた武家の結婚式に及ぶまでさかのぼることになります。

武家の結婚式に関しては、合杯の礼を行う簡単な陰の式と、3日した後に親族固めの杯を交わす綺羅びやかな陽の式の構成でありました。

陰の式において、参列者については新郎や新婦のほか、介添人並びに式をとり行う関係者だけに限定され、新婦については白無地の着物を着けていました。

それに対して、陽の式においては打って変わって、色物の着物で着飾るのがスタイルといわれています。

その時は、床の間が備わっている座敷で結婚式をおこなうのが通例で、挙式スタイルは公家、あるいは大名から一般人にまで行き渡り、明治時代まで続いたと言われています。

因みに、床の間は、天照大御神、あるいは大国などの掛け軸をかけていたといわれています。

そして、 1900年に、皇太子のご成婚が、天照大御神を祀る皇居の賢所で実施され、今の様な神社の神前で敢行するスタイルのきっかけとなっています。

戦後に、一般人の間でも神前で挙式を行う機運が高くなって、加速度的に拡がったといわれています。

 

神前式が一般の人々に広まった歴史的経緯とは

日本国内の結婚式については元を正せば、参列した人たちに結婚を容認してもらう人前式でした。

そのことが、神前において結婚を誓う結婚式に変化していったのは、室町時代のことになります。

その当時、武家の結婚の儀式において、三々九度の盃を神前において交わしたのがスタートといえます。

しかしながら、江戸時代に至るまでの八百万の神様と、明治維新以後の国家神道の神のコンセプトはまったく異なることから、武家の神前結婚式と、最近の神前結婚式は異なってきます。

現在の神前の結婚式が拡大した導因は、1900年の皇太子嘉仁親王がとり行った神前結婚式になります。

そして、神式の儀式スタイルに関しては明治維新以降に生まれたものです。

それが結婚式にまで拡大したことになります。

このタイミングで、東京大神宮が一般人に照準を合わせる神前結婚式をスタートさせ、拡大していったという歴史的経緯があります。

 

現在のような神前式がスタートしたのは、明治33年において大正天皇のご成婚を記念し、日比谷大神宮で実施した結婚式からとされています。

そして結婚式の源流はといいますと、室町時代の武家の結婚式に至るまでさかのぼることになります。

室町時代においては、陰及び陽の式で構成され、陰の式で花嫁は花婿の家へ訪ね合杯の礼を行ないました。

参列するのは花嫁及びその付添人、花婿それから、式をつかさどる方だけで、白無地の着物を着用し 三日した後の陽の式で色物の着物姿で臨み、親族固めの杯を交して式は終了するというものでした 。

こうした歴史的経緯をしっかりと把握することは、日本の文化を理解する上でも重要になります。

サイト内検索
記事一覧