東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社結婚式でのご祝儀を渡すタイミングはいつ?

神社結婚式は伝統的で厳かな雰囲気が魅力があります。

親族や親戚、友人として招待された場合、ご祝儀を渡すタイミングですが、友人として招待された時は、会食を行う披露宴会場に受付が設置されているので、そこで渡すと良いでしょう。

そして芳名帳が準備されているので、記帳をすると良いでしょう。

親族や親戚、兄弟姉妹などの場合は、挙式当日ではなく事前に御祝儀を渡す人がほとんどです。

遠方で生活をしている場合は、当日に受付で手渡しをします。

 

血縁の濃い人は事前に渡すことが多いです

神社結婚式は新郎新婦が和装の衣裳を着用して、雅楽や太鼓などの音色の中で盃をかわして、永遠の愛を誓うのが特徴です。

チャペル挙式に比べると荘厳な雰囲気が特徴になっており、家族や親戚、親族などとアットホームな挙式が出来るのが魅力です。

親戚や親族、友人などは、神前挙式に招待されることがありますが、ご祝儀はいつ渡したらよいか知っておきたい人が増えています。

親戚や親族、兄弟姉妹などの血縁の濃い人の場合は、挙式当日ではなく、事前にご祝儀を手渡すのが一般的です。

神前挙式だけでなく、チャペル挙式の場合も挙式の会場には受付はなく、披露宴会場に受付が設置されており、芳名帳に記帳をします。

友人、知人の場合は当日に受付で御祝儀を手渡すことが多いです。

親戚や親族の場合でも当日にご祝儀を手渡すこともあります。

 

披露宴会場に受付が設置されています

東京の結婚式場では、式場内に設置されている設備もありますが、近場の人気の神社や神殿などと提携をしているため、神前結婚式を行うことも可能です。

挙式が終わった後は親族や親戚、友人と会食を行うことが多いです。

挙式の会場には受付が設置されていないことが多いため、どこでご祝儀を手渡したらよいか迷ってしまう人も少なくありません。

会食などを行う披露宴会場では、受付が設置されているため、当日に御祝儀を手渡したい場合は、芳名帳に記帳をしておくと良いでしょう。

現代は30代以降のカップルだけでなく、20代のカップルも神前挙式に憧れている人が増えており、式場などの設備で挙式を行う人も増加しています。

和装の衣裳を着用するので天候などが不安な人が多いですが、全天候型に対応をしているので、雨の日も安心です。

 

遠方で生活をしている人は当日に受付で渡します

東京の結婚式場では、伝統的で厳かな雰囲気の神前挙式に対応をしている所が増えており、招待された人は基本的なマナーを知っておく必要があります。

新郎新婦と血縁が濃い人は、挙式の前にご祝儀を手渡すことが多いですが、遠方で生活をしている場合は当日に御祝儀を持参すると良いでしょう。

祝儀袋の表書きは寿や結婚お祝いなどが一般的になっていますが、祝儀袋を選ぶ時は紅白の水引が付いている商品を選びましょう。

表書きをしたら、姓や名前を記入します。

濃い墨を使ってはっきりと記入をすることが大事です。

御祝儀の相場の金額を知っておきたい人が多いですが、兄弟姉妹の場合は5万円から、10万円、従兄弟の場合は3万円から5万円、友人の場合は3万円前後になっています。

親しさの度合いによっても金額が違ってきますが、平均的な相場を知っておくと安心です。

 

神社挙式は伝統的で厳かな雰囲気が特徴ですが、親戚や親族、友人として挙式に招待されることもあります。

御祝儀を渡すタイミングを知っておきたい人が多いですが、基本的に血縁の濃い人は、挙式の前に手渡しをするのが一般的です。

チャペル挙式や神前挙式の場合でも、挙式の会場には受付は設置されていません。

会食を行う披露宴会場に受付が設置されているため、当日に御祝儀を渡したい時は芳名帳に記帳をしておくと良いでしょう。

友人や知人として出席をする場合は、当日に受付で渡すことが多いです。