東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社での結婚式は神殿での結婚式と何が違う?

神社での結婚式は神殿での結婚式と何が違う?

結婚式といえば、ウェディングドレスを着てバージンロードを歩き、チャペルで神父による儀式のもと、指輪の交換や誓いのキスをすることを夢見る女性が圧倒的に多いでしょう。
けれど、昨今は日本の伝統にのっとった白無垢を着て、純和風の結婚式を行いたいと考える女性が増えています。
この場合、結婚式は神社で行うことになりますが、一方で神殿式という言葉もあります。
言葉から受ける印象としては、どちらも日本の伝統に基づいた和風の結婚式のことのように思えますが、実は違いがあるということを知ることで、考え方も理解も変わってきます。

 

伝統的な和装での結婚式は神社で行う

結婚式の和装である白無垢姿で挙げる結婚式の舞台は、何といっても神社が一般的です。
神前式と呼ばれる結婚式で、神殿で行われる日本古来から伝わる伝統的な結婚式のスタイルです。

〇日本における結婚とは
家同士が結び付くものであり、さらには結婚する二人の親族が結び付くという考えが基盤となっていました。
現在でも、結婚する二人のそれぞれの家族が一つの親族となるのは同じですが、今は家同士が結び付くという考えはほとんどなくなっていると言っても過言ではありません。
お互いが好き合っているのであれば家や親族とは関係なく、結婚したらいいと考える親も増えています。
実際、現在結婚適齢期の人たちの親も、家のことをどうこう言われることなく、自由恋愛で結婚している世代ですので、神前式における結婚の意味合いは希薄になっているといっていいでしょう。

 

神前式の由来や言われは知っておきたい

せっかく和装を選び、神社での神前式を行うことにしたのなら、その由来や儀式の意味は知っておきたいところです。
有名な三々九度の盃は、盃を重ねることで家同士が固い絆を結べるようにとの考えから行いますし、玉串拝礼は玉串に結婚する二人の心を載せ、神様に捧げる儀式です。
これらの儀式を通して神様に二人の結婚と、新しい家との結びつきを報告することが、神社における神殿で行う儀式の意味です。
キリスト教信者の人は別として、ただ海外の華やかな結婚式に憧れて洋風の結婚式を行う場合と比べると、神社での結婚式はすべてにおいて神様に対するご報告が根本にあることが分かります。
そこには常に両家という考えがあるため、本人同士はもちろん家同士もつながりを持ち、共に栄えていくよう、神様にお願いする機会だったといえるでしょう。

 

神社での結婚と神殿式における結婚の違いとは

神社で行われる結婚式は神前式と呼ばれるものの、神殿で行われますので、神殿式という言い方もできます。
けれど、神殿とはそもそも神を祀る建造物すべてのことを言いますので、仮にキリスト教であっても、神を祀る神殿で行う結婚式は神殿式ということになります。
日本の神社においても、神を祀った建造物は神殿ですので、この神殿で行われる結婚式は神殿式ですが、和装の結婚式を神殿式だと考えている人は多いでしょう。
この考えですと、ウェディングドレスを着て行うのは神殿式ではないということになります。

〇一番の違い
神社での結婚と、神殿式での結婚の一番の違いは、どのような神様に対して結婚の結び固め、いわゆる結婚のご報告をするかという点に尽きます。
日本古来の神社におわします神様にご報告するなら、その場所は神社の中にある和の造りの神殿になりますし、イエスキリストに結婚を誓うのであれば、その神殿は教会の中に存在するでしょう。
神殿の意味をしっかり理解していないと、洋装なのに神殿式とはどういうことなのかという疑問に悩むことになります。
神社での結婚式を神殿式だと考えている人は多いものの、両社は似て非なるものです。
その違いを知るには、神殿についての理解が欠かせません。
神殿とは何かが分かれば、神社での結婚が唯一の神殿式ではないということが理解できるでしょう。