東京の神社結婚式・挙式の人気を調査。おすすめをランキング形式でご紹介

神社で結婚式を行う魅力とは?

厳かな雰囲気を感じさせる神社での結婚式は、チャペルでの式が増えている今でも重宝されています。

洗練された和を感じる結婚式は新郎新婦ともに普段の様子とは異なり、緊張感のある式ができます。

また、神前式と呼ばれる神社で行われる結婚式は独特のルールや流れが存在します。

日本の由緒ある神社で行われる挙式は記憶に残る素晴らしいものとなるに違いありません。

 

神前式が行われる挙式場とその特徴

神前式が行われる式場には、自然の森林に囲まれた神社やホテルや専用の式場があります。

それぞれの特徴として神社結婚式はメディアで頻繁に取り上げられる方の式場です。

イメージとして想像されやすい、季節感を感じることのできる一般的な式場で、一番人気のある式場です。

神社での結婚式は伝統的な由緒ある式を再現でき、人生の節目となる重要なイベントを彩るには最適な式場と考えられるでしょう。

また、古くからの思い入れのある神社であったり、地元や親族と関係のある神社などで式を挙げることも一つのポイントでしょう。

古くからある神社での結婚式のほかに近年では建物の中で神殿を再現し、室内で挙式を挙げるケースが見られます。

こちらの場合、チャペルでの結婚式に近い、人工的な演出が期待できるほか、天気に左右されないことや、集合場所へのアクセスのしやすさなどの利便性に寄った特徴がみられます。

最近、室内で結婚式を挙げるケースが多くなったのはこのような理由があったためでしょう。

新郎新婦の気遣いや雰囲気の特徴が出る式場選びですが、どちらも良い点があるためそれぞれの意見を出し合い、お互いに寄り添った結婚式ができる最適な形を見つけるとよいでしょう。

 

由緒正しい神前式のルールとその流れ

チャペルで行われる結婚式とは異なり、衣装は和を模した着物を着て挙式が進みます。

結婚式の流れも特徴的で、新郎新婦、両家の親族が連なって神前まで入場し、神様に祝辞を述べます。

次に神前式ではお神酒を新郎新婦で、交代で飲み干し、誓いの言葉を述べた後、指輪の交換を行います。

人と神をつなぐとされる玉串をささげ、巫女の舞や親族で交代にお神酒を飲み干し、退場という流れとなります。

特徴的なのは、お神酒や玉串、巫女といった日本の伝統的な様式で行われる祝儀方法でしょう。

衣装は和装で行いますが、新婦の方は白無垢のほかに着物や振袖といった様々な種類の和装で式を挙げることが可能であり、髪型も豊富で最後に撮られる記念撮影でも素敵な写真を撮ることができるでしょう。

 

神前式の魅力と式をより良くするポイントとは?

神前式の魅力はやはり、厳かな雰囲気で行われる伝統的な式を挙げられることにあります。

式の中で日本らしい奥ゆかしさを表現することができ、普段の生活にない緊張感のある時間を味わうことができるでしょう。

式を成功させるために必要なポイントとして、式の前準備が一番大切になります。

両家の宗教観や式の流れ、挙式場は神前式といっても様々で結婚を行うパートナーそれぞれに違いが出るはずです。

そういった点をあらかじめ調整することでよりよい式を挙げることができるはずです。

 

神前式は日本人らしい和を感じる結婚式で、近年増えているチャペルでの結婚式とは大きく異なった伝統的な式です。

厳かに緊張感のある式では普段見られない新郎新婦の様子を肌で感じられるはずです。

式場に用いられる神社などの施設にも古くからの格式ある伝統的な場所や思い入れのある場所で式を挙げることができ、思い出に残る挙式を迎えることができる方法となっています。

また、普段着る機会の少ない和装を着飾った式では、自身の精神性にも変化がみられるでしょう。

開放的な空間である神社で行う神前式は自然と触れ合うこともでき、落ち着いた式となるので、大人の雰囲気を感じられ、結婚式にふさわしい式となるはずです。

サイト内検索
記事一覧